2015年04月01日

【複数扱いの単語】シンデレラの靴


大変ご無沙汰しております(笑)

突然ですが・・・
今日は【複数扱いの単語】にフォーカスしてみたいと思います。

ご存知のように(?)ANNEは英語教室の講師をしていますが・・・
今日は無料体験レッスンの日でした。

いつものように

【冠詞 a  / an】を導入しながら

”What's this?”
"It's a pencil."

というダイアログのリピート&パターンプラクティス(主語や単語、フレーズなどを入れ替えて文を作る練習)を行っていたとき

ひらめき

閃いちゃったのです。

今日のターゲット(テーマというか今日覚えて欲しいポイント)とは全然違うのに、

「シンデレラの靴は複数扱いだよねexclamation ターフェルアナトミアのネタ思いついちゃった〜るんるん
と・・・



で、何がネタかといえば・・・ コレです♪
シンデレラガラスの靴イラスト.png

ディズニーのアニメでお馴染みの「シンデレラ Cinderella」。
今年実写化もされるので、見に行こうと思っている人もいるかも・・・
シンデレラの靴に限らず普通は靴は2コで一足になりますよね。
1コでは片足裸足ふらふらということになってしまうので、キホン 靴は複数扱いです。

他にもペアでやっと用を足せるもの ありますよね。

手袋、ソックス、パンツ(下着ではなく、ズボンのことですわーい(嬉しい顔)) すっかりファッションアイテムとして定着したレギンスも複数扱いです。
gloves
socks
pants (ちなみに下着の方はshorts、briefs, panties, underpantsなどといいます)
leggins

などなど・・・

ここで、再び思い出していただきたいのですが・・・
真夜中の12時の鐘が鳴る前に、急いで舞踏会を抜け出して帰ろうとするシンデレラですが、魔法が解けてしまいますよね。

そして夢のようなパーティとは打って変わって、女中のようにこき使われる毎日が繰り返されるわけですが・・・
もし、靴がペアではなく、1つで完成するものだったとしたら・・・

永遠にシンデレラは王子様と結ばれることはなかったのではないかと思うのです(笑)
なわけ無いでしょ パンチ と突っ込まれそうですが・・・

ガラスの靴をお城のどこかでなくしてしまったからこそ、召使が町の一軒一軒を訪ねてガラスの靴がぴったりと合う娘を探すことができたんですよね〜わーい(嬉しい顔)

ということで、
シンデレラの靴は2つあって初めてshoes になる。⇒ 靴は常に複数扱い 

というお話でした。

蛇足ながら・・・
シンデレラの靴はslippersと表現するようですね。
大方の日本人はシンデレラの靴I=shoes(厳密にはパンプス?)をイメージすると思いますが・・・

もちろん、スリッパも左右2つ揃ってはじめて用をなすので、複数扱いですわーい(嬉しい顔)

一足の靴 という時には  a pair of shoes と言います。
もう一つの蛇足のオマケでした。

See you

posted by ANNE at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

不定冠詞ってそもそも何?

【不定冠詞】ふていかんし

英語で数えられるモノ、人に付く。
不定 というのは、それじゃなきゃダメexclamation×2という限定されたものではない ということ

ex 
スーパーでリンゴを買うとします秊

そのとき、山になっているリンゴのうち、ヤバそうなのは除くとしても、とりあえずおいしそうであれば、どれか一つ買いますよね。

そのときのリンゴ= an apple です

今度は、かの有名な「白雪姫」にご登場いただきましょう。

魔法使いのおばあさん(=意地悪な継母の女王)が白雪姫に食べさせたのは、例の毒リンゴ

そのリンゴは、いくつもなく、白雪姫のリンゴといったら「それexclamation×2」ってくらい他の選択肢がありえない つまりモノや人を限定するときには、【定冠詞】ていかんし the を使います

posted by ANNE at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

【rain(レイン)】はなぜ動詞なの?


こんばんはわーい(嬉しい顔)

今日は【rain】について解剖してみようと思います。

rain=雨、雨が降る 
雨 なら 名詞(物事や事象の名前ですね)
雨が降る なら どうでしょう?
こちらは動詞 アクションです。 

雨が降る=降っている状態なような気がしますが・・・
だって人が降らせるわけではないし・・・

でも 英語やフランス語など欧米言語では雨が降る=動詞 となっているのです。

雨が降る雨が動詞なら、だれが降らせるのか?

それこそ神のみぞ知るってかんじですか? 
少なくともAさんやBくんが降らせるわけではないので、とりあえず便宜上 降らせるのはit ということになっています。

このitは 無生物主語といって、具体的な動作の主(つまり主語)を特定できないとき よく現れます。

【具体的な主語がない場合ってどんな場合?】

・天気や気候(これは一応自然現象ということになっているので主語はないですよね♪)
・時間 「1時間かかる」 と言ったような場合 主語はitです。 物理的な時間を要する場合、人が自ら影響力を及ぼせない場合が多いので・・・

 例えば、バスで1時間かかる と言ったとき、Aさんがバスに乗ってもBさんがバスに乗っても1時間かかりますよね? そんな場合もitを使うのです。

・距離
・金銭的コスト それは1,000円かかる と言った感じで使う場合 
It costs ¥1,000 といいます。

さて話を戻して・・・

雨が降る = It rains.
です。
このrainsのsは三単現のsです。 
三単現のsというのは、
彼・彼女・それ (he、she、it)で表される主語が〜する
という動作をする場合 動詞にsを付けるのがお約束ですが、そのsですわーい(嬉しい顔)

つまり主語=itなので、rain(雨が降る)にsがついてrainsとなっているのです。

ちなみに三単現のs=三人称(主語がhe、she、itで表されるものの名称)単数(動作の主語はおひとりさまor ひとつ)現在 という条件を表しているのですよわーい(嬉しい顔)

主語が3人称(彼、彼女、それ/あれ)の場合で、現在形のときだけが付くんでしたね。ひらめき

つまり人の力が及ばなかったり、だれのせいでもないことをあらわすとき、itを使って動詞にするんだということです。 

もうひとつ、紛らわしいのが It's rainy.(雨です)という表現です。

どっちも同じじゃんむかっ(怒り)
と思うかもしれませんが、rainyは形容詞です。
形容詞はものの性質や状態 事象を表します。
天候は雨だ、晴れだ、くもりだ・・・という場合に形容詞であらわすのですが・・・

rainy=雨が降っている状態 ということになります。

雨が降る=rain だと、主語itが雨を降らせる というニュアンスですが、
形容詞の雨です=rainy だと、it(主語)=rainy(雨が降っている状態)であって、主語が〜する というアクションは発生しませんexclamation主語=形容詞という公式が成り立ちます。

ですので、rainyの場合は、itが主語でもrainys と s をつけてはバツ1ですわーい(嬉しい顔)

これからの季節 ホワイトクリスマスなんてロマンチックな雰囲気が漂いますが、雪を降らせるのは天(itが主語代行)で 動詞はsnow(s) そして雪が積もった状態がsnowy雪 です。

posted by ANNE at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

【比較級(ひかくきゅう)】人はだれでも比べたがる・・・?

【比較級】これは、日常生活で頻繁に行われる【比較】という行為によって表現される文章を英語で表現する時に使うルールです。

今も存在しているのかどうかわかりませんが・・・
世の中には、「三高」なる言葉がありました。
俗に言う「年収・学歴・背丈」が高い男性を指しています。
はっきり言って、こんな基準でパートナーを選ぶということ自体安直という気もしますが、
世の中お金があってナンボということで、
収入の安定した人をパートナーに求めるという部分は分からなくもないというか・・・

しかし、今のように不安定な時代、こうしたモノサシが本当に有効なのかどうかはわからないですね。

が・・・

「ジェリーはトムより頭がいい」
「ロバートはマイクよりもお金持ちだ」
「ベッキ―はスーザンよりも美しい」
「リチャードはロビンよりも背が高い」

など数限りなくこうした比較表現が出てくる以上、【比較級】というルールを覚えれば
会話の1つや2つ 増やせそうですね。

ということで、比較級をマスターしましょうわーい(嬉しい顔)

では、【比較級】の作り方です。

1.主語を用意します。「〜は」「〜が」というパーツです。
2.動詞を用意します。「be動詞」 am, are, is, was, were, beenのお仲間です
3.形容詞を用意します。
 【例】 small, tall, rich, smart, beautiful, cheap, high, cool, hot,large, など
4.比較級の形に加工する
5.than + 比較の対象

【比較級の公式】


S(主語)+ be動詞(am,are,isなど)+形容詞 比較級に加工したもの + than 比較の対象(〜より)


公式を覚える時は、1つシンプルな例文を覚えちゃいましょう。その方がすぐに使えます。
A is taller than B.

あとは、それぞれ A(〜は), taller(より・・・だ), B(〜より)にそれぞれ代入するだけですひらめき

簡単でしょ?
 比較級は
 ●語尾にer, ier, というアタッチメントを付けるタイプ
 ●more, lessなど形容詞の前にパーツを持ってくるタイプ
があります。 

 ●語尾にer、ierのアタッチメントを付けるタイプ
small→ smaller
large→ larger
tall→ taller
cheap→ cheaper
happy→happier (つづりによって、ただerではなく、ちょっと変形ierを付けるパターンがこちらわーい(嬉しい顔)
smart→ smarter
high→ higher
hot→ hotter これは要注意! 発音上ttとtを一つ足してあげてください♪
cool→ cooler
など
たまに変形がありますが、「例外のない規則はない」ってことで・・・(笑)

●more、lessなどのパーツが前につくタイプ
傾向として、erを付けると長ったらしくなりそうな少し長い単語にmoreを付けることが多いような・・・
beautiful→ more beautiful
difficult→ more difficult
wonderful→ more wonderful
valuable→ more valuable これスポーツでよく聞きませんか? MVP(その日もっとも活躍した選手)はこのvaluableを使うんですね 「最も」パターンは「最上級」のコーナーで後日るんるん
expensive→ more expensive

less meat(より少ない肉)
less people (より少ない人々)
こちらはあまり思い浮かびません・・・たらーっ(汗)

【比較級の文例】
Jelly is smarter than Tom.
「ジェリーはトムより頭がいい」
Robert is richer than Mike.
「ロバートはマイクよりもお金持ちだ」
Becky is more beautiful than Susan.
「ベッキ―はスーザンよりも美しい」
Richard is taller than Robin.
「リチャードはロビンよりも背が高い」

他には、物件探しをしていて
This house is larger than that one.
「この家はあの家よりも大きいわ」
This land(この土地) would be less profitable than that land.
「この土地はあの土地より利益を生まないだろう」

などと使うことができます。

割とシンプルなルールなので、覚えやすいですが、身体上無理なことを比較するのは、人を傷つけるので、会話の際は配慮しましょうね。

語尾のer、ierは 掃除機の隙間ノズルみたく付け加えると便利なので、勝手にアタッチメントと命名しました。
more lessなどは、単語にくっつくのではなく、パーツを積み木のように足すのでパーツとこちらも勝手に命名しちゃいましたるんるん

happy happier, hot hotter,などめんどくさ〜 という変形もありますが
これは【英語】という言語の性質なので、そんなもんなんだ〜ぐらいに考えて覚えてしまいましょう。
よく使う比較級の形容詞って限られているので、代表選手をまず覚えて、あとは追い追いってことでわーい(嬉しい顔)

こうした言語特有の性質は、たとえば日本語で数を数える時、
タンスはひとさお、
鳥は1羽
イヌやネコは1匹
馬や牛は1頭
土地は1筆
家は1軒
みたいに数えるのと 「めんどくさ〜 なんでこんなルールが・・・」という部分が一緒かも。

ここは、英語では鳥だろうが、犬だろうが、one,twoだし、土地も家もone、twoです。
ま、お互いさまってことで・・・




主語: クッキー Cookies
動詞: 食べる→食べられる eat→eaten
やった人(モノ):by Sakura

Cookies were eaten by Sakura.

英語はキホン的にパターンを覚えれば あとは入れ替え差し替えするだけです黒ハート

ここでのポイントは 動詞(〜する)→(〜される)に替えることexclamation×2


☆★ポイント☆★

ひらめき【受動態】〜られる 〜される の時の動詞の変身方法

be動詞 (am, are, is)+ 動詞の過去分詞 (〜される・られる系の形に替えるんです)

パターンだけ覚えれば 数学の公式のように、入れ替えるだけで
受動態ができますよ♪♪

では、よく使われる動詞の過去分詞のメンバーをご紹介しますわーい(嬉しい顔)

・使う  use be used
・作る  make be made
・食べる  eat be eaten
・盗む  steal be stolen
・壊す  break be broken
・話す  speak be spoken
・持っていくtake  be taken
・払う  pay be paid
・見る  see be seen 
・聞く  hear be heard
・建てる  build be built
・逮捕する be areested(こういう状況にはなりたくないですね)

過去分詞は よく使われる(be used 気が付きましたか? これも受動態です♪)から不規則に変身するものを覚えておくと効率がいいですよ黒ハート



 
posted by ANNE at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

【what】ってわっと? 「何?」で始まる疑問文 「何を」編

【what】ウゎット 疑問詞(何を、何が など分からないことを質問する時に使う)

「何を〜?」編

疑問詞 って? 
日本語って難しいですよね? いちいち文法用語を日本語に置き換えるからますます英語が???になる。 

疑問詞=質問する時に分からないモノを伝えるために存在します。

1.たとえば、あなたがお友達と一緒にレストランで食事をするとします。

What do you eat? (こんな英語も使わないかも・・・ですが分かりやすくするためにあえて)

I eat pasta.
「なにを食べる?」

「パスタを食べる」(普通こんな日本語使わないかも・・・)

という時の「何を」が疑問詞です。

じゃぁ、小難しいことをいわずに 「何を」が疑問詞だと言えばいいじゃん?

ごもっともですが、残念ながら 疑問詞は「何を」だけでなく「何が」「どこに」「誰が」など 聞きたいことが分からない時に使う言葉を代表しているんです・・・

では、2.「何?」という時の表現

「これは何?」
「パソコンだよ」

What is this?
It's a personal computer.

最後に 3.「何が」という時の表現
What happened?
An accident happened.

「何が起きたの?」
「事故だよ」

日本語には、「何が」「何に」「何の」「何を」などいろいろな何? がありますが、
英語には、「が」「に」「の」「を」という助詞はないので、
「何」=what 
です。

whatには、大きく分けて

1.「何を」 
     (何を食べる)(何を勉強する)(何をする)など動作の目的を尋ねる

2.「何である」
     (これは何?)(何色?)(何の動物?)など たとえばAというものが
      何か分からない時に尋ねる
      さらにたとえば 「これは何と言うポケモン?」 というように 
      種類を聞いたり 状態や性質を聞いたりする時に使います。

  3.「何が」
     主語が分からない時に使う 「何が起こったのか」「何が原因なのか」など

☆★wahtの文☆★

英語では、まず分からないモノを聞く という “Conclusion first”という概念があったりします。 
What is "Conclusion first"? そうそうそんな感じ。
It is 「結論が先」in Japanese. (日本語で結論が先という意味だよ)

そもそも質問する時は、自分が分からないことを一番先に知りたいですよね?
だから 「Conclusion first って何? Conclusion first is what

ではなくて、What is "Conclusion first"?

と文頭に来ています。

英語は「て・に・を・は」を表す助詞がないので、語順が大切です。
だから英語を学ぶ時は 語順を意識しましょう。

whatなどの疑問文(疑問詞疑問文といいます)は共通です。

では、もう一度レストランの2人に登場してもらいましょう。

I eat pasta.(私はパスタを食べます)

Do you eat pasta?(あなたはパスタを食べますか?)食べるかどうかを聞いている

What(何を) do(一般動詞の疑問文を作る時のdo) you(あなたは) eat(食べます)?

ここでは、パスタを食べたいのか お寿司か カレーか・・・ ということを聞きたいので

What(何を)を強調するために文の最初にwhatを持っていくのです。

では、何を を使ってエクセサイズです。

あなたは日曜日には何をするの? 
あなたは何を勉強するの?
あなたは何を買うの?
あなたは何のCDを聴くの?

など

What do you do on Sundays?
What do you study?
What do you buy?
What CD do you listen to ?

いかがですか?
キホン日本語では「あなたは」といちいちつけませんが、英語では主語がないと文が成り立ちません。 そこで、不自然ですが 「あなたは」といちいちつけてみました。



◆◇ポイント◇◆  
what=キホン 文頭に 
普通の「〜しますか?」疑問文の文頭にwhatをくっつければ完成です♪   
       

TOEIC(R)スコア650突破大作戦





posted by ANNE at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

前置詞 atの正体!


【at】あっと 前置詞(場所を表す前置詞)


まず、前置詞って何? というところから (^0^)/
漢字を分解すると、
前(前に)+ 置(置く) + 詞(言葉、単語)と言うことです。
つまり、詞=単語の前に置くから前置詞。 な〜んだって感じ? でもそんなことです。
このatの場合・・・ 場所を表す単語・語句の前に置く単語だから前置詞 atです

基本的に アtには、2つの用法があります。


  • 1.場所をあらわすat

  • 2.時をあらわすat



    • 今日のテーマは「場所を表す前置詞」なので、1.について説明します♪

      1.の場所をあらわすat・・・ 比較的狭いエリアを指す場合に使います。場所を点で表すようなイメージですね。

      ex. 
      I arraived at Kyoto Station yesterday. 私は昨日京都駅に到着しました。
      I stayed at a Hotel. 私はホテルに泊まりました。
      I met Mr. Sato at the coffee shop. 私はそのコーヒーショップでMr. Satoと会いました。

      このように、atであらわす場所っていうのは、比較的ピンポイントな、点でイメージできるような場所なわけです。
      京都駅も、ホテルも、そのコーヒーショップも 広範囲な場所ではありませんね。

      これとは逆に、同じ場所をあらわす前置詞にin があります。
      この in は、atよりは少し範囲が広くなります。ピンポイントな点ではなく、面積であらわされるようなイメージですよね。

      ex.
      I live in Japan. 私は日本に住んでいます。
      The woodcutter was walking in the wood. そのきこりは森の中を歩いていた。
      President Obama is in Washington D.C. now. オバマ大統領は今ワシントン市にいる。

      って感じでしょうか?

      ◆◇ポイント◇◆  
       場所を表す前置詞  あらわす場所の広さ・・・at 〜 < in 〜           







posted by ANNE at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

【一般動詞】一般動詞はアクション動詞だ!


【一般動詞】いっぱんどうし

一般動詞って、特別動詞があるんかい?
なんて突っ込んでも、残念ながらしょうがないです あせあせ(飛び散る汗)(^^;)

日本語にない概念なんですから...
あきらめて、一般動詞ってなに?ってはなしをしましょうるんるん

一般動詞の定義=be動詞でない動詞 つまり、アクション動詞!!

be動詞=イコール動詞という説明を、be動詞の項目で説明しました。
be動詞=属性や性質、性格、状態を表すためのイコール記号なんです
be動詞の存在意義?を参照してねわーい(嬉しい顔)
対して、一般動詞=「〜する」「〜を持っている」「〜行く」など動作を伴う動詞です (9v9)

例えば、推理小説やマンガで、主人公の属性や性格、ルックスばかり説明されても、話は始まりませんね?
やっぱり、「誰かが(S=主語)」「何かを(O=目的語)」「する(V=ここでは一般動詞)」ことから物語は展開しますから...

これで、一般動詞がどんな動詞かわかってもらえましたか?

では、具体的に一般動詞の代表選手に登場いただきましょう。

ANNEプレゼンツ 一般動詞ベスト10


  • ☆read

  • ☆want

  • ☆talk

  • ☆speak

  • ☆give

  • ☆go

  • ☆teach

  • ☆wash

  • ☆study

  • ☆have



はい、いずれ劣らぬスタープレイヤー的動詞たちです。
皆さんも、中学の英語の教科書で何度となくお見かけしているはずです。
さ、意味はわかりますか?


  • ☆read 読む

  • ☆want 〜をほしい 〜を欲する

  • ☆talk 話す おしゃべりをする

  • ☆speak 話す (ex 英語を話す)

  • ☆give あげる、与える

  • ☆go 行く

  • ☆teach 教える

  • ☆wash 洗う

  • ☆study 勉強する 学ぶ

  • ☆have 持っている



意味がわかったところで、これら代表選手たちは、(いや、これら代表選手たちも)変態します。
え〜〜〜 っ !?

日本語とちがって、英語やその他の言語では、「誰が」するかによって、動詞の形が変態しちゃうんですね。
英語なんてまだ、3パターンぐらいだからラクなんですよぉ。

では、最後に、代表スタープレイヤー 一般動詞たちの変態 before afterをご覧いただきましょう


  • ☆read⇒ read -s

  • ☆want⇒want -s

  • ☆talk⇒ talk -s

  • ☆speak⇒ speak -s

  • ☆give⇒ give -s

  • ☆go⇒ go -es

  • ☆teach⇒ teach -es

  • ☆wash⇒ wash -es

  • ☆study⇒ stud -ies

  • ☆have⇒ has



いかがでしたか? 一般動詞 代表選手団の華麗なbefore after!!
うぜっ!! って?

【一般動詞 現在】あせあせ(飛び散る汗) でした

posted by ANNE at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

は行 be動詞の存在意義!?


【be動詞】びーどうし

なんで、be動詞なんてややこしい言葉があるんでしょうexclamation&question

実は、be動詞は仲間をひとくくりにした文法用語なんですわーい(嬉しい顔)

ひらめきstrong>be動詞のbe=「〜であること」というイコールの動詞です

つまり A=B といったら「AはBである」というように「=」記号のようなもの♪

ex.

I'm a student. He is a teacher.

I(私)は生徒です。・・・I=生徒である状態 ということわーい(嬉しい顔)
He(彼)は先生です・・・ He=先生であるという状態

なんです。

ポケモンでそれぞれのモンスターが進化して名前が変わるように(?)
be動詞も、主語が変わると変態するんですね(怪しい意味ではなく生物的な意味の変態)

主語 I(私 be動詞 am
主語 You・we  be動詞 are
主語 He・She・It be動詞 is

さらに、be動詞の過去形になると、
  • am ⇒ was

  • are⇒ were

  • is ⇒ was



最後に現在完了形・受動態に使われる過去分詞という変態型があるんですね。

それは、am,are,is に関係なく been になりまするんるん

でも、ご安心を。be動詞の仲間はこれで勢ぞろいです黒ハート黒ハート

主語によって変態するbe動詞ですが、これで結構便利なやつです。
属性・性別・状態・性格などいろいろ使えます。
マスターして使い倒しましょうわーい(嬉しい顔)








posted by ANNE at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

か行 過去形 過去のこんなことも、あんなことも… 規則動詞編

【過去形】かこけい

英語の文法用語では、時の流れに関する内容を【時制】(じせい)
とひとくくり にします。わーい(嬉しい顔)

時というのは、現在を基準にして、

現在よりも前のことを「過去」
現在よりも先(まだ怒っていないこと)を「未来」

といいますねるんるん

そのなかで、現在よりも先に起こったことを表現するときに
【過去形】を使います。

考え方は日本語と一緒晴れ

おじいさんが大きな株を引っ張った 「大きなかぶ」

引っ張る=pull

引っ張った=pulled

なので、

The old man pulled the turnip.

こんな感じで、今より過去(つまり時間的に前)に起こったことを英語で表すときは、

キホン

 「−d」「−ed」 

というアタッチメントが付きますわーい(嬉しい顔)

ex:
play ⇒played 遊ぶ・(スポーツを)するなど
walk ⇒walked 歩く
work ⇒worked 働く
talk ⇒talked 話す おしゃべりをする

みたいな感じ

ただし、
「例外のない規則はない」ってことで、すべての動詞(述語 〜する)がd/edをつければよいかといえば、残念ながらそうは問屋がおろさないんだよね〜

やっちまったなぁふらふら とならないように、不規則動詞のトラップに気をつけようexclamation×2

センター試験の受験生諸君、ご健闘を祈ります。
Good Luckexclamation

posted by ANNE at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

か行 現在形ってムズイんだけど

【現在形】げんざいけい

現在形ってわかりきってんだからさ〜、いちいち名前つける必要なくねexclamation&question まじうざいけど…

っていっている人、いますかぁexclamation&question

気持ちはわかるけど、コレは分類するときに現在の形だとわかっていたほうが便利だから【現在形】というんです。

日本語とちがって、英語は文字を見て一発で意味がわからないことも多いですよね。 だって、アルファベットですべて書かれてるから…

そのときに、文を理解しやすくするために、ルールが作ってあるのです。

ここで、確認手(チョキ) 英語の文は
S(主語) + V(動詞) + 〜 という骨格で成り立っています。

で、V(動詞)の部分を見れば、現在のことなのか、過去のことなのか、未来のことなのかわかるようになっています。

ある意味合理的。

たらーっ(汗)
主語= I(私) ならば、動詞は「〜である」という状態を示すam
主語= youならば are
主語=he(彼)she(彼女) it(それ)、動詞はis
です。

「〜する」というアクションを表す場合は、
主語=I、We(私たち),you(あなた)you(あなた達)they(彼ら)の時は、そのまま

主語=he(彼)she(彼女)it(それ)の時は、
アクション動詞の語尾に「−s」「−es」wo
をつけます。

こういうマークをつけることで、アルファベットばかりの文章のどれが主語でどれが動詞かわかりやすくなるんですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

何しろ現在形はすべての英語のパターンのキホン手(チョキ)
少しずつマスターしよう


posted by ANNE at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。