2012年03月14日

【比較級(ひかくきゅう)】人はだれでも比べたがる・・・?

【比較級】これは、日常生活で頻繁に行われる【比較】という行為によって表現される文章を英語で表現する時に使うルールです。

今も存在しているのかどうかわかりませんが・・・
世の中には、「三高」なる言葉がありました。
俗に言う「年収・学歴・背丈」が高い男性を指しています。
はっきり言って、こんな基準でパートナーを選ぶということ自体安直という気もしますが、
世の中お金があってナンボということで、
収入の安定した人をパートナーに求めるという部分は分からなくもないというか・・・

しかし、今のように不安定な時代、こうしたモノサシが本当に有効なのかどうかはわからないですね。

が・・・

「ジェリーはトムより頭がいい」
「ロバートはマイクよりもお金持ちだ」
「ベッキ―はスーザンよりも美しい」
「リチャードはロビンよりも背が高い」

など数限りなくこうした比較表現が出てくる以上、【比較級】というルールを覚えれば
会話の1つや2つ 増やせそうですね。

ということで、比較級をマスターしましょうわーい(嬉しい顔)

では、【比較級】の作り方です。

1.主語を用意します。「〜は」「〜が」というパーツです。
2.動詞を用意します。「be動詞」 am, are, is, was, were, beenのお仲間です
3.形容詞を用意します。
 【例】 small, tall, rich, smart, beautiful, cheap, high, cool, hot,large, など
4.比較級の形に加工する
5.than + 比較の対象

【比較級の公式】


S(主語)+ be動詞(am,are,isなど)+形容詞 比較級に加工したもの + than 比較の対象(〜より)


公式を覚える時は、1つシンプルな例文を覚えちゃいましょう。その方がすぐに使えます。
A is taller than B.

あとは、それぞれ A(〜は), taller(より・・・だ), B(〜より)にそれぞれ代入するだけですひらめき

簡単でしょ?
 比較級は
 ●語尾にer, ier, というアタッチメントを付けるタイプ
 ●more, lessなど形容詞の前にパーツを持ってくるタイプ
があります。 

 ●語尾にer、ierのアタッチメントを付けるタイプ
small→ smaller
large→ larger
tall→ taller
cheap→ cheaper
happy→happier (つづりによって、ただerではなく、ちょっと変形ierを付けるパターンがこちらわーい(嬉しい顔)
smart→ smarter
high→ higher
hot→ hotter これは要注意! 発音上ttとtを一つ足してあげてください♪
cool→ cooler
など
たまに変形がありますが、「例外のない規則はない」ってことで・・・(笑)

●more、lessなどのパーツが前につくタイプ
傾向として、erを付けると長ったらしくなりそうな少し長い単語にmoreを付けることが多いような・・・
beautiful→ more beautiful
difficult→ more difficult
wonderful→ more wonderful
valuable→ more valuable これスポーツでよく聞きませんか? MVP(その日もっとも活躍した選手)はこのvaluableを使うんですね 「最も」パターンは「最上級」のコーナーで後日るんるん
expensive→ more expensive

less meat(より少ない肉)
less people (より少ない人々)
こちらはあまり思い浮かびません・・・たらーっ(汗)

【比較級の文例】
Jelly is smarter than Tom.
「ジェリーはトムより頭がいい」
Robert is richer than Mike.
「ロバートはマイクよりもお金持ちだ」
Becky is more beautiful than Susan.
「ベッキ―はスーザンよりも美しい」
Richard is taller than Robin.
「リチャードはロビンよりも背が高い」

他には、物件探しをしていて
This house is larger than that one.
「この家はあの家よりも大きいわ」
This land(この土地) would be less profitable than that land.
「この土地はあの土地より利益を生まないだろう」

などと使うことができます。

割とシンプルなルールなので、覚えやすいですが、身体上無理なことを比較するのは、人を傷つけるので、会話の際は配慮しましょうね。

語尾のer、ierは 掃除機の隙間ノズルみたく付け加えると便利なので、勝手にアタッチメントと命名しました。
more lessなどは、単語にくっつくのではなく、パーツを積み木のように足すのでパーツとこちらも勝手に命名しちゃいましたるんるん

happy happier, hot hotter,などめんどくさ〜 という変形もありますが
これは【英語】という言語の性質なので、そんなもんなんだ〜ぐらいに考えて覚えてしまいましょう。
よく使う比較級の形容詞って限られているので、代表選手をまず覚えて、あとは追い追いってことでわーい(嬉しい顔)

こうした言語特有の性質は、たとえば日本語で数を数える時、
タンスはひとさお、
鳥は1羽
イヌやネコは1匹
馬や牛は1頭
土地は1筆
家は1軒
みたいに数えるのと 「めんどくさ〜 なんでこんなルールが・・・」という部分が一緒かも。

ここは、英語では鳥だろうが、犬だろうが、one,twoだし、土地も家もone、twoです。
ま、お互いさまってことで・・・




主語: クッキー Cookies
動詞: 食べる→食べられる eat→eaten
やった人(モノ):by Sakura

Cookies were eaten by Sakura.

英語はキホン的にパターンを覚えれば あとは入れ替え差し替えするだけです黒ハート

ここでのポイントは 動詞(〜する)→(〜される)に替えることexclamation×2


☆★ポイント☆★

ひらめき【受動態】〜られる 〜される の時の動詞の変身方法

be動詞 (am, are, is)+ 動詞の過去分詞 (〜される・られる系の形に替えるんです)

パターンだけ覚えれば 数学の公式のように、入れ替えるだけで
受動態ができますよ♪♪

では、よく使われる動詞の過去分詞のメンバーをご紹介しますわーい(嬉しい顔)

・使う  use be used
・作る  make be made
・食べる  eat be eaten
・盗む  steal be stolen
・壊す  break be broken
・話す  speak be spoken
・持っていくtake  be taken
・払う  pay be paid
・見る  see be seen 
・聞く  hear be heard
・建てる  build be built
・逮捕する be areested(こういう状況にはなりたくないですね)

過去分詞は よく使われる(be used 気が付きましたか? これも受動態です♪)から不規則に変身するものを覚えておくと効率がいいですよ黒ハート



 
posted by ANNE at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

【what】ってわっと? 「何?」で始まる疑問文 「何を」編

【what】ウゎット 疑問詞(何を、何が など分からないことを質問する時に使う)

「何を〜?」編

疑問詞 って? 
日本語って難しいですよね? いちいち文法用語を日本語に置き換えるからますます英語が???になる。 

疑問詞=質問する時に分からないモノを伝えるために存在します。

1.たとえば、あなたがお友達と一緒にレストランで食事をするとします。

What do you eat? (こんな英語も使わないかも・・・ですが分かりやすくするためにあえて)

I eat pasta.
「なにを食べる?」

「パスタを食べる」(普通こんな日本語使わないかも・・・)

という時の「何を」が疑問詞です。

じゃぁ、小難しいことをいわずに 「何を」が疑問詞だと言えばいいじゃん?

ごもっともですが、残念ながら 疑問詞は「何を」だけでなく「何が」「どこに」「誰が」など 聞きたいことが分からない時に使う言葉を代表しているんです・・・

では、2.「何?」という時の表現

「これは何?」
「パソコンだよ」

What is this?
It's a personal computer.

最後に 3.「何が」という時の表現
What happened?
An accident happened.

「何が起きたの?」
「事故だよ」

日本語には、「何が」「何に」「何の」「何を」などいろいろな何? がありますが、
英語には、「が」「に」「の」「を」という助詞はないので、
「何」=what 
です。

whatには、大きく分けて

1.「何を」 
     (何を食べる)(何を勉強する)(何をする)など動作の目的を尋ねる

2.「何である」
     (これは何?)(何色?)(何の動物?)など たとえばAというものが
      何か分からない時に尋ねる
      さらにたとえば 「これは何と言うポケモン?」 というように 
      種類を聞いたり 状態や性質を聞いたりする時に使います。

  3.「何が」
     主語が分からない時に使う 「何が起こったのか」「何が原因なのか」など

☆★wahtの文☆★

英語では、まず分からないモノを聞く という “Conclusion first”という概念があったりします。 
What is "Conclusion first"? そうそうそんな感じ。
It is 「結論が先」in Japanese. (日本語で結論が先という意味だよ)

そもそも質問する時は、自分が分からないことを一番先に知りたいですよね?
だから 「Conclusion first って何? Conclusion first is what

ではなくて、What is "Conclusion first"?

と文頭に来ています。

英語は「て・に・を・は」を表す助詞がないので、語順が大切です。
だから英語を学ぶ時は 語順を意識しましょう。

whatなどの疑問文(疑問詞疑問文といいます)は共通です。

では、もう一度レストランの2人に登場してもらいましょう。

I eat pasta.(私はパスタを食べます)

Do you eat pasta?(あなたはパスタを食べますか?)食べるかどうかを聞いている

What(何を) do(一般動詞の疑問文を作る時のdo) you(あなたは) eat(食べます)?

ここでは、パスタを食べたいのか お寿司か カレーか・・・ ということを聞きたいので

What(何を)を強調するために文の最初にwhatを持っていくのです。

では、何を を使ってエクセサイズです。

あなたは日曜日には何をするの? 
あなたは何を勉強するの?
あなたは何を買うの?
あなたは何のCDを聴くの?

など

What do you do on Sundays?
What do you study?
What do you buy?
What CD do you listen to ?

いかがですか?
キホン日本語では「あなたは」といちいちつけませんが、英語では主語がないと文が成り立ちません。 そこで、不自然ですが 「あなたは」といちいちつけてみました。



◆◇ポイント◇◆  
what=キホン 文頭に 
普通の「〜しますか?」疑問文の文頭にwhatをくっつければ完成です♪   
       

TOEIC(R)スコア650突破大作戦





posted by ANNE at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | わ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。