2009年01月22日

前置詞 atの正体!


【at】あっと 前置詞(場所を表す前置詞)


まず、前置詞って何? というところから (^0^)/
漢字を分解すると、
前(前に)+ 置(置く) + 詞(言葉、単語)と言うことです。
つまり、詞=単語の前に置くから前置詞。 な〜んだって感じ? でもそんなことです。
このatの場合・・・ 場所を表す単語・語句の前に置く単語だから前置詞 atです

基本的に アtには、2つの用法があります。


  • 1.場所をあらわすat

  • 2.時をあらわすat



    • 今日のテーマは「場所を表す前置詞」なので、1.について説明します♪

      1.の場所をあらわすat・・・ 比較的狭いエリアを指す場合に使います。場所を点で表すようなイメージですね。

      ex. 
      I arraived at Kyoto Station yesterday. 私は昨日京都駅に到着しました。
      I stayed at a Hotel. 私はホテルに泊まりました。
      I met Mr. Sato at the coffee shop. 私はそのコーヒーショップでMr. Satoと会いました。

      このように、atであらわす場所っていうのは、比較的ピンポイントな、点でイメージできるような場所なわけです。
      京都駅も、ホテルも、そのコーヒーショップも 広範囲な場所ではありませんね。

      これとは逆に、同じ場所をあらわす前置詞にin があります。
      この in は、atよりは少し範囲が広くなります。ピンポイントな点ではなく、面積であらわされるようなイメージですよね。

      ex.
      I live in Japan. 私は日本に住んでいます。
      The woodcutter was walking in the wood. そのきこりは森の中を歩いていた。
      President Obama is in Washington D.C. now. オバマ大統領は今ワシントン市にいる。

      って感じでしょうか?

      ◆◇ポイント◇◆  
       場所を表す前置詞  あらわす場所の広さ・・・at 〜 < in 〜           







posted by ANNE at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113005914

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。