2007年01月21日

代打it

代打のit

itは、「それ」「あれ」というように、物事を言いかえるピンチヒッター的役割があります。ピンチヒッターというのは、野球の試合でここで決めねば!というとき、下位打順の選手の代わりに打てる打者を持ってきますね。つまり、1度出てきた主語(大物)の代わりを務めるピンチヒッター(代打)みたいな役割ですね。

影武者itには、大きく分けて2つの役割があります。

  • @主語としての役割 「それは」

  •   
  • A目的語としての役割 「それを」


@主語としての役割

  • a)主語=「〜が」、「〜は」のように、文章の主語になる言葉です。
    …I, You, Mike, Hanakoなど「誰々が」 
  •  
  • b)もの・場所… The book(その本), The dog(その犬),California(カリフォルニア)など「〜が」
  •  
  • c)物事…the government(政府)、Seeing※(見ること)など「〜は、〜ということは」


※Seeing is believing. 百聞は一見にしかず(ことわざ)

などが主語になります。そして、この主語のうちb,cの「もの・場所」「物事」を表す主語を言い換えるときに、代打itを使います。


A目的語としての役割

目的語=「〜を」のように、文章の動詞の対象(目的語)となる言葉です。

たとえば、I bought a new bicycle yesterday.(私は昨日新しい自転車を買った)ならば、買う(buyの過去形bought)が動詞、「何を〜」という買った対象(買うという動作の対象)、つまりa new bicycleが目的語です。

ところで、文章の中で一度出てきた主語を何度も何度も繰り返すのは、英語圏では特にお洒落じゃないとされています。日本語でもそうですよね。そこで、代打itをここでも使います。

============
私は昨日新しい自転車を買った。私は新しい自転車をずっと欲しがっていた。私は新しい自転車に乗ってみた。それはかっこよかった。
=============
自転車が3度も出てきて、ちょっとうっとうしいですよね。新しい自転車というのは、一度出てくればわかるので、ピンチヒッターのように

itを使ってしまいましょう。
a new bicycleの代わりにitを使えばすっきりします。

I bought a new bicycle. I have wanted it for a long time. I tried to ride it. It was cool!

itは目的語の代打it
itは主語の代打itです。


次回は「う」の文法項目です。またねわーい(嬉しい顔)







★★おまけ★★
ANNEのブログ一覧です。お時間あったらどうぞ喫茶店
URL:
http://www13.plala.or.jp/e-soleil/
「ANNEの中学英語征服計画」
http://anne-soleil.seesaa.net/
ANNEの中学英語征服計画ANNEX版 英語は楽しむものだぁ
http://blogs.yahoo.co.jp/saransaran11/
英語で遊ぼ♪
http://anne-kaitaishinnsho.seesaa.net/
ANNE的英語ターフェル・アナトミア

©このサイトの内容を無断で複写、転載することを禁じます。
posted by ANNE at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ANNE's 英文法じてん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31825338

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。