2009年01月22日

前置詞 atの正体!


【at】あっと 前置詞(場所を表す前置詞)


まず、前置詞って何? というところから (^0^)/
漢字を分解すると、
前(前に)+ 置(置く) + 詞(言葉、単語)と言うことです。
つまり、詞=単語の前に置くから前置詞。 な〜んだって感じ? でもそんなことです。
このatの場合・・・ 場所を表す単語・語句の前に置く単語だから前置詞 atです

基本的に アtには、2つの用法があります。


  • 1.場所をあらわすat

  • 2.時をあらわすat



    • 今日のテーマは「場所を表す前置詞」なので、1.について説明します♪

      1.の場所をあらわすat・・・ 比較的狭いエリアを指す場合に使います。場所を点で表すようなイメージですね。

      ex. 
      I arraived at Kyoto Station yesterday. 私は昨日京都駅に到着しました。
      I stayed at a Hotel. 私はホテルに泊まりました。
      I met Mr. Sato at the coffee shop. 私はそのコーヒーショップでMr. Satoと会いました。

      このように、atであらわす場所っていうのは、比較的ピンポイントな、点でイメージできるような場所なわけです。
      京都駅も、ホテルも、そのコーヒーショップも 広範囲な場所ではありませんね。

      これとは逆に、同じ場所をあらわす前置詞にin があります。
      この in は、atよりは少し範囲が広くなります。ピンポイントな点ではなく、面積であらわされるようなイメージですよね。

      ex.
      I live in Japan. 私は日本に住んでいます。
      The woodcutter was walking in the wood. そのきこりは森の中を歩いていた。
      President Obama is in Washington D.C. now. オバマ大統領は今ワシントン市にいる。

      って感じでしょうか?

      ◆◇ポイント◇◆  
       場所を表す前置詞  あらわす場所の広さ・・・at 〜 < in 〜           







posted by ANNE at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

【一般動詞】一般動詞はアクション動詞だ!


【一般動詞】いっぱんどうし

一般動詞って、特別動詞があるんかい?
なんて突っ込んでも、残念ながらしょうがないです あせあせ(飛び散る汗)(^^;)

日本語にない概念なんですから...
あきらめて、一般動詞ってなに?ってはなしをしましょうるんるん

一般動詞の定義=be動詞でない動詞 つまり、アクション動詞!!

be動詞=イコール動詞という説明を、be動詞の項目で説明しました。
be動詞=属性や性質、性格、状態を表すためのイコール記号なんです
be動詞の存在意義?を参照してねわーい(嬉しい顔)
対して、一般動詞=「〜する」「〜を持っている」「〜行く」など動作を伴う動詞です (9v9)

例えば、推理小説やマンガで、主人公の属性や性格、ルックスばかり説明されても、話は始まりませんね?
やっぱり、「誰かが(S=主語)」「何かを(O=目的語)」「する(V=ここでは一般動詞)」ことから物語は展開しますから...

これで、一般動詞がどんな動詞かわかってもらえましたか?

では、具体的に一般動詞の代表選手に登場いただきましょう。

ANNEプレゼンツ 一般動詞ベスト10


  • ☆read

  • ☆want

  • ☆talk

  • ☆speak

  • ☆give

  • ☆go

  • ☆teach

  • ☆wash

  • ☆study

  • ☆have



はい、いずれ劣らぬスタープレイヤー的動詞たちです。
皆さんも、中学の英語の教科書で何度となくお見かけしているはずです。
さ、意味はわかりますか?


  • ☆read 読む

  • ☆want 〜をほしい 〜を欲する

  • ☆talk 話す おしゃべりをする

  • ☆speak 話す (ex 英語を話す)

  • ☆give あげる、与える

  • ☆go 行く

  • ☆teach 教える

  • ☆wash 洗う

  • ☆study 勉強する 学ぶ

  • ☆have 持っている



意味がわかったところで、これら代表選手たちは、(いや、これら代表選手たちも)変態します。
え〜〜〜 っ !?

日本語とちがって、英語やその他の言語では、「誰が」するかによって、動詞の形が変態しちゃうんですね。
英語なんてまだ、3パターンぐらいだからラクなんですよぉ。

では、最後に、代表スタープレイヤー 一般動詞たちの変態 before afterをご覧いただきましょう


  • ☆read⇒ read -s

  • ☆want⇒want -s

  • ☆talk⇒ talk -s

  • ☆speak⇒ speak -s

  • ☆give⇒ give -s

  • ☆go⇒ go -es

  • ☆teach⇒ teach -es

  • ☆wash⇒ wash -es

  • ☆study⇒ stud -ies

  • ☆have⇒ has



いかがでしたか? 一般動詞 代表選手団の華麗なbefore after!!
うぜっ!! って?

【一般動詞 現在】あせあせ(飛び散る汗) でした

posted by ANNE at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。