2015年04月01日

【複数扱いの単語】シンデレラの靴


大変ご無沙汰しております(笑)

突然ですが・・・
今日は【複数扱いの単語】にフォーカスしてみたいと思います。

ご存知のように(?)ANNEは英語教室の講師をしていますが・・・
今日は無料体験レッスンの日でした。

いつものように

【冠詞 a  / an】を導入しながら

”What's this?”
"It's a pencil."

というダイアログのリピート&パターンプラクティス(主語や単語、フレーズなどを入れ替えて文を作る練習)を行っていたとき

ひらめき

閃いちゃったのです。

今日のターゲット(テーマというか今日覚えて欲しいポイント)とは全然違うのに、

「シンデレラの靴は複数扱いだよねexclamation ターフェルアナトミアのネタ思いついちゃった〜るんるん
と・・・



で、何がネタかといえば・・・ コレです♪
シンデレラガラスの靴イラスト.png

ディズニーのアニメでお馴染みの「シンデレラ Cinderella」。
今年実写化もされるので、見に行こうと思っている人もいるかも・・・
シンデレラの靴に限らず普通は靴は2コで一足になりますよね。
1コでは片足裸足ふらふらということになってしまうので、キホン 靴は複数扱いです。

他にもペアでやっと用を足せるもの ありますよね。

手袋、ソックス、パンツ(下着ではなく、ズボンのことですわーい(嬉しい顔)) すっかりファッションアイテムとして定着したレギンスも複数扱いです。
gloves
socks
pants (ちなみに下着の方はshorts、briefs, panties, underpantsなどといいます)
leggins

などなど・・・

ここで、再び思い出していただきたいのですが・・・
真夜中の12時の鐘が鳴る前に、急いで舞踏会を抜け出して帰ろうとするシンデレラですが、魔法が解けてしまいますよね。

そして夢のようなパーティとは打って変わって、女中のようにこき使われる毎日が繰り返されるわけですが・・・
もし、靴がペアではなく、1つで完成するものだったとしたら・・・

永遠にシンデレラは王子様と結ばれることはなかったのではないかと思うのです(笑)
なわけ無いでしょ パンチ と突っ込まれそうですが・・・

ガラスの靴をお城のどこかでなくしてしまったからこそ、召使が町の一軒一軒を訪ねてガラスの靴がぴったりと合う娘を探すことができたんですよね〜わーい(嬉しい顔)

ということで、
シンデレラの靴は2つあって初めてshoes になる。⇒ 靴は常に複数扱い 

というお話でした。

蛇足ながら・・・
シンデレラの靴はslippersと表現するようですね。
大方の日本人はシンデレラの靴I=shoes(厳密にはパンプス?)をイメージすると思いますが・・・

もちろん、スリッパも左右2つ揃ってはじめて用をなすので、複数扱いですわーい(嬉しい顔)

一足の靴 という時には  a pair of shoes と言います。
もう一つの蛇足のオマケでした。

See you

posted by ANNE at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

不定冠詞ってそもそも何?

【不定冠詞】ふていかんし

英語で数えられるモノ、人に付く。
不定 というのは、それじゃなきゃダメexclamation×2という限定されたものではない ということ

ex 
スーパーでリンゴを買うとします秊

そのとき、山になっているリンゴのうち、ヤバそうなのは除くとしても、とりあえずおいしそうであれば、どれか一つ買いますよね。

そのときのリンゴ= an apple です

今度は、かの有名な「白雪姫」にご登場いただきましょう。

魔法使いのおばあさん(=意地悪な継母の女王)が白雪姫に食べさせたのは、例の毒リンゴ

そのリンゴは、いくつもなく、白雪姫のリンゴといったら「それexclamation×2」ってくらい他の選択肢がありえない つまりモノや人を限定するときには、【定冠詞】ていかんし the を使います

posted by ANNE at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

【比較級(ひかくきゅう)】人はだれでも比べたがる・・・?

【比較級】これは、日常生活で頻繁に行われる【比較】という行為によって表現される文章を英語で表現する時に使うルールです。

今も存在しているのかどうかわかりませんが・・・
世の中には、「三高」なる言葉がありました。
俗に言う「年収・学歴・背丈」が高い男性を指しています。
はっきり言って、こんな基準でパートナーを選ぶということ自体安直という気もしますが、
世の中お金があってナンボということで、
収入の安定した人をパートナーに求めるという部分は分からなくもないというか・・・

しかし、今のように不安定な時代、こうしたモノサシが本当に有効なのかどうかはわからないですね。

が・・・

「ジェリーはトムより頭がいい」
「ロバートはマイクよりもお金持ちだ」
「ベッキ―はスーザンよりも美しい」
「リチャードはロビンよりも背が高い」

など数限りなくこうした比較表現が出てくる以上、【比較級】というルールを覚えれば
会話の1つや2つ 増やせそうですね。

ということで、比較級をマスターしましょうわーい(嬉しい顔)

では、【比較級】の作り方です。

1.主語を用意します。「〜は」「〜が」というパーツです。
2.動詞を用意します。「be動詞」 am, are, is, was, were, beenのお仲間です
3.形容詞を用意します。
 【例】 small, tall, rich, smart, beautiful, cheap, high, cool, hot,large, など
4.比較級の形に加工する
5.than + 比較の対象

【比較級の公式】


S(主語)+ be動詞(am,are,isなど)+形容詞 比較級に加工したもの + than 比較の対象(〜より)


公式を覚える時は、1つシンプルな例文を覚えちゃいましょう。その方がすぐに使えます。
A is taller than B.

あとは、それぞれ A(〜は), taller(より・・・だ), B(〜より)にそれぞれ代入するだけですひらめき

簡単でしょ?
 比較級は
 ●語尾にer, ier, というアタッチメントを付けるタイプ
 ●more, lessなど形容詞の前にパーツを持ってくるタイプ
があります。 

 ●語尾にer、ierのアタッチメントを付けるタイプ
small→ smaller
large→ larger
tall→ taller
cheap→ cheaper
happy→happier (つづりによって、ただerではなく、ちょっと変形ierを付けるパターンがこちらわーい(嬉しい顔)
smart→ smarter
high→ higher
hot→ hotter これは要注意! 発音上ttとtを一つ足してあげてください♪
cool→ cooler
など
たまに変形がありますが、「例外のない規則はない」ってことで・・・(笑)

●more、lessなどのパーツが前につくタイプ
傾向として、erを付けると長ったらしくなりそうな少し長い単語にmoreを付けることが多いような・・・
beautiful→ more beautiful
difficult→ more difficult
wonderful→ more wonderful
valuable→ more valuable これスポーツでよく聞きませんか? MVP(その日もっとも活躍した選手)はこのvaluableを使うんですね 「最も」パターンは「最上級」のコーナーで後日るんるん
expensive→ more expensive

less meat(より少ない肉)
less people (より少ない人々)
こちらはあまり思い浮かびません・・・たらーっ(汗)

【比較級の文例】
Jelly is smarter than Tom.
「ジェリーはトムより頭がいい」
Robert is richer than Mike.
「ロバートはマイクよりもお金持ちだ」
Becky is more beautiful than Susan.
「ベッキ―はスーザンよりも美しい」
Richard is taller than Robin.
「リチャードはロビンよりも背が高い」

他には、物件探しをしていて
This house is larger than that one.
「この家はあの家よりも大きいわ」
This land(この土地) would be less profitable than that land.
「この土地はあの土地より利益を生まないだろう」

などと使うことができます。

割とシンプルなルールなので、覚えやすいですが、身体上無理なことを比較するのは、人を傷つけるので、会話の際は配慮しましょうね。

語尾のer、ierは 掃除機の隙間ノズルみたく付け加えると便利なので、勝手にアタッチメントと命名しました。
more lessなどは、単語にくっつくのではなく、パーツを積み木のように足すのでパーツとこちらも勝手に命名しちゃいましたるんるん

happy happier, hot hotter,などめんどくさ〜 という変形もありますが
これは【英語】という言語の性質なので、そんなもんなんだ〜ぐらいに考えて覚えてしまいましょう。
よく使う比較級の形容詞って限られているので、代表選手をまず覚えて、あとは追い追いってことでわーい(嬉しい顔)

こうした言語特有の性質は、たとえば日本語で数を数える時、
タンスはひとさお、
鳥は1羽
イヌやネコは1匹
馬や牛は1頭
土地は1筆
家は1軒
みたいに数えるのと 「めんどくさ〜 なんでこんなルールが・・・」という部分が一緒かも。

ここは、英語では鳥だろうが、犬だろうが、one,twoだし、土地も家もone、twoです。
ま、お互いさまってことで・・・




主語: クッキー Cookies
動詞: 食べる→食べられる eat→eaten
やった人(モノ):by Sakura

Cookies were eaten by Sakura.

英語はキホン的にパターンを覚えれば あとは入れ替え差し替えするだけです黒ハート

ここでのポイントは 動詞(〜する)→(〜される)に替えることexclamation×2


☆★ポイント☆★

ひらめき【受動態】〜られる 〜される の時の動詞の変身方法

be動詞 (am, are, is)+ 動詞の過去分詞 (〜される・られる系の形に替えるんです)

パターンだけ覚えれば 数学の公式のように、入れ替えるだけで
受動態ができますよ♪♪

では、よく使われる動詞の過去分詞のメンバーをご紹介しますわーい(嬉しい顔)

・使う  use be used
・作る  make be made
・食べる  eat be eaten
・盗む  steal be stolen
・壊す  break be broken
・話す  speak be spoken
・持っていくtake  be taken
・払う  pay be paid
・見る  see be seen 
・聞く  hear be heard
・建てる  build be built
・逮捕する be areested(こういう状況にはなりたくないですね)

過去分詞は よく使われる(be used 気が付きましたか? これも受動態です♪)から不規則に変身するものを覚えておくと効率がいいですよ黒ハート



 
posted by ANNE at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

は行 be動詞の存在意義!?


【be動詞】びーどうし

なんで、be動詞なんてややこしい言葉があるんでしょうexclamation&question

実は、be動詞は仲間をひとくくりにした文法用語なんですわーい(嬉しい顔)

ひらめきstrong>be動詞のbe=「〜であること」というイコールの動詞です

つまり A=B といったら「AはBである」というように「=」記号のようなもの♪

ex.

I'm a student. He is a teacher.

I(私)は生徒です。・・・I=生徒である状態 ということわーい(嬉しい顔)
He(彼)は先生です・・・ He=先生であるという状態

なんです。

ポケモンでそれぞれのモンスターが進化して名前が変わるように(?)
be動詞も、主語が変わると変態するんですね(怪しい意味ではなく生物的な意味の変態)

主語 I(私 be動詞 am
主語 You・we  be動詞 are
主語 He・She・It be動詞 is

さらに、be動詞の過去形になると、
  • am ⇒ was

  • are⇒ were

  • is ⇒ was



最後に現在完了形・受動態に使われる過去分詞という変態型があるんですね。

それは、am,are,is に関係なく been になりまするんるん

でも、ご安心を。be動詞の仲間はこれで勢ぞろいです黒ハート黒ハート

主語によって変態するbe動詞ですが、これで結構便利なやつです。
属性・性別・状態・性格などいろいろ使えます。
マスターして使い倒しましょうわーい(嬉しい顔)








posted by ANNE at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

不定冠詞ってそもそも何?

【不定冠詞】ふていかんし

英語で数えられるモノ、人に付く。
不定 というのは、それじゃなきゃダメexclamation×2という限定されたものではない ということ

ex 
スーパーでリンゴを買うとします秊

そのとき、山になっているリンゴのうち、ヤバそうなのは除くとしても、とりあえずおいしそうであれば、どれか一つ買いますよね。

そのときのリンゴ= an apple です

今度は、かの有名な「白雪姫」にご登場いただきましょう。

魔法使いのおばあさん(=意地悪な継母の女王)が白雪姫に食べさせたのは、例の毒リンゴ

そのリンゴは、いくつもなく、白雪姫のリンゴといったら「それexclamation×2」ってくらい他の選択肢がありえない つまりモノや人を限定するときには、【定冠詞】ていかんし the を使います


 
posted by ANNE at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の項目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。